木村歯科医院

虫歯について|神奈川県藤沢市辻堂の木村歯科医院

そもそも虫歯とは何なのか?

虫歯は、私たちの身近にある病気の一つです。進行すると痛みをともない、徐々に歯を失ってしまいます。

虫歯を引き起こす菌にストレプトコッカス・ミュータンス菌があります。その虫歯菌は、食事をした際の特に糖質から酸を作り出してしまうのです。

その酸が増えることで、お口の中のpHが酸性に傾き、歯の表面のエナメル質を溶かしはじめます。これを脱灰と言います。

脱灰が続くと歯が溶け続け虫歯になり、象牙質まで達すると多くの場合、痛みが出てくるのです。

虫歯とは、菌が出す酸によって歯が溶けてしまった状態のことです。

虫歯菌をコントロール?

虫歯菌は糖分がないと歯を溶かす原因である酸を作ることができません。つまり、その糖分をコントロールすることで虫歯は予防できるのです。

下図はステファンカーブといい、糖分を口に含んだ時の口の中のpH変化をグラフにしたものです。

ステファンカーブ

1

食事や間食、糖分を含む飲み物を口にすると急激にpHが下がり、口の中は酸性になります。

2

糖分が口の中にある限り虫歯菌は酸を出し、歯のエナメル質は脱灰し続けます。

2

食事を終えるとだ液の作用で徐々に中性に戻ります。それを助けるために歯磨きが大切です。

だ液は口の中を中性に戻すだけでなく、脱灰したエナメル質に失ったミネラルなどを運び修復します。これを再石灰化といいます。

理想的な食生活と虫歯になりやすい間食が多い食生活を比較してみましょう。

ステファンカーブ比較

口の中が正常(中性)である時間が、酸性である時間よりも長ければ虫歯になりにくいのです。

そして食後は出来るだけ早く歯を磨くことで再石灰化を助けてあげましょう。磨けないときは水などでお口をゆすぐだけでも虫歯予防になります。

お口を正常に戻す食後の歯磨き

正しい歯の磨き方を教わったことがありますか?

まずは基本を知った上でご自身に合わせた歯磨きをおすすめします。木村歯科医院ではそのためのレクチャーをさせていただいています。

虫歯菌が活動しにくい時間をできる限り増やし、ご自身にあった歯磨きをすることでセルフケアが最大の効果を発揮します。

虫歯になってしまった歯の治療も丁寧にいたしますが、ならないための予防を当院は応援します。

いつまでもご自身の歯で笑い、楽しい食事をするために食後の歯磨きをどうか大切になさってください。

ページ最上段へ

お電話にてお気軽にお問い合わせください

Top