木村歯科医院

入れ歯について|神奈川県藤沢市辻堂の木村歯科医院

入れ歯にはどんな種類があるの?

まず分類として、部分入れ歯と総入れ歯の2種類にわかれます。

総入れ歯は、上下あるいわ片方の顎の歯がまったくなくなったときにつくる入れ歯です。部分入れ歯は、歯が1本以上残っている時につくる入れ歯です。

どちらも人工の歯と、歯肉に触れる部分でできています。

歯に触れる部分は2種類あり、レジン(プラスチック)のものと、金属でつくるものがあります。健康保険でつくる入れ歯はレジンで、金属でつくるものは保険外である自費の入れ歯です。

最近では、入れ歯の一部をシリコンでつくり痛みを軽減するものや、部分入れ歯の見た目が悪かった金属クラスプをプラスチックでつくり審美的な入れ歯にできるなど進化し続けています。

ただし、保険でも自費でもメリットやデメリットもあるため、当院では十分にお話させていただき製作します。

歯を失ったら入れ歯をいれる理由がある

一部の歯を失っても場所によっては噛めることもあります。ですがそのままにしておくと多くの場合、失った歯のスペースに前後の歯が傾く、上の歯がおりてくるなどお口の中のバランスが大きく崩れてしまいます。

とても怖いのがそれはゆっくりと、ご本人が気づかないうちにおこってしまうことです。

バランスが崩れると一部では噛めなくなることが多く、片側で噛む癖がでてきたり、そもそも噛めなくなることもあります。

噛むことは内臓の働きを助け、健康な身体を維持するとても大切なことです。高齢者の場合、認知症の要因にもなることがわかってきました。

健康でいつまでも楽しい食事と会話をするために、十分に検討して入れ歯をつくることをおすすめします。

当院では保険の入れ歯を中心にしています

自費のさまざまな入れ歯がありますが、当院では基本として全て保険の入れ歯をご提案いたします。

見た目や機能が保険の入れ歯ではどうしてもご希望にそえない場合は自費の入れ歯をつくることができるのでご相談ください。

いずれの場合も入れ歯はまず「噛める」ことが重要です。当院はそれにこだわった入れ歯をつくります。

近年、インプラントのご相談もいただくようになりました。当院では、藤沢市民病院と連携しご相談から治療までをいたしております。

ページ最上段へ

お電話にてお気軽にお問い合わせください

Top