木村歯科医院

妊婦さんの歯科診療について|神奈川県藤沢市辻堂の木村歯科医院

妊娠中は歯周病や虫歯になりやすい

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えます。これは赤ちゃんを守るために大切なことです。ですが、お口の中の歯周病菌はこの女性ホルモンにより繁殖しやすくなってしまうのです。

歯周病菌は歯を失わせるだけでなく、気になる口臭の原因にもなります。さらに症状が進行してしまうと炎症を起こす物質をたくさん生み出します。この物質は胎盤を刺激するため、早産のリスクを高めることがわかっています。

それらを防ぐために妊娠中の身体のことを知り、時期に合わせたケアと歯科健診で上手にのりきりましょう。

お子さまのお口の健康を守るためにお母様のお口の健康がとても大切です。

妊娠期に合わせたセルフケアを知る

妊娠初期

お水でこまめにお口をゆすぎましょう

個人差がありますがつわりのある時期です。

歯ブラシをお口に入れることができない場合もあるので、歯周病や虫歯を予防するために、こまめに「お水」でお口をゆすいでください。

うがいは酸性に傾いたお口の中を中和するだけでなく、だ液の分泌を促し自浄作用を助けることができます。

妊娠中期

歯と歯肉の境目をマッサージするように磨きます

つわりが落ち着き体調が良くなってきたら、まずはいつも通りに歯磨きをします。

歯周病を予防するために歯と歯肉の境目を磨きましょう。歯ブラシを斜め45°に当ててこまめに動かし、マッサージをするように磨いてください。

歯周病や虫歯になっていないか確認するために歯科健診を受けましょう。特につわりが重くなかなか歯磨きができなかった方はおすすめします。

未然に防ぎ、もしもの時は早めに処置するためにも歯科健診は大切です。

妊娠後期

いつものように食後の歯磨き習慣

妊娠後期はお腹が大きくなることから胃が圧迫され1回の食事量が減り、食べる回数が増える傾向にあります。

お口の中が酸性である時間が長くなることから虫歯にも注意が必要です。

食後の歯磨き習慣を守りお口の中を清潔に保ちましょう。

安定期と出産後の歯科健診

歯科健診の内容とは

歯科健診は妊娠中(安定期に入ったら)と産後の2回が理想的です。もしもの時も早期に歯周病や虫歯を発見することができるため大切です。

歯磨きのレクチャーでは、基本となる歯ブラシの選び方や持ち方から、歯周病を予防するための正しい歯ブラシの動かし方をご説明いたします。

産まれてくるお子さまのお口の中には歯周病菌や虫歯菌はいません。多くの場合、ご両親から移る傾向にあります。お子さまとのコミュニケーションに気をつけるのではなく、ご両親のお口の中の環境を清潔にすることが最も重要です。

正しいセルフケアを知り、定期健診を上手に利用して家族皆の歯の健康を守りましょう。

子どもと一緒に育つ 歯の母子手帳

妊娠した日からお子さまが6歳になるまでを一緒に管理する手帳です。

健康なお口と身体をつくるための成長記録や健診スケジュールが確認・管理できます。お子さまのお口の写真を張って想い出の手帳にしてください。
一緒に管理して健康な歯、美しい歯並びを目指しましょう。

ページ最上段へ

お電話にてお気軽にお問い合わせください

Top