木村歯科医院

歯周病について|神奈川県藤沢市辻堂の木村歯科医院

そもそも歯周病とは何なのか?

歯周病は、歯と歯肉の境目などについた歯垢の中にいる細菌によって歯を支えている組織が壊されて歯を失う病気で、近年最も歯を無くしてしまう原因です。

歯を支えている組織は、土台である歯槽骨、歯と骨の間でクッションの役割をしている歯根膜、歯の根っこを覆っているセメント質、これらを包んでいる歯肉の4つから成り立っています。

歯肉だけが腫れて炎症を起こしている状態を歯肉炎、歯を支えている組織まで炎症を起こしいてるものを歯周炎といいます。

歯周病は初期の段階では痛みがなく、歯そのものは健康でも支えている組織を壊し歯を失わせる怖い病気です。

下の図は健康な歯肉と歯周病になってしまった歯肉を比較したイラストです。

歯周ポケット

健康な歯肉は、歯と歯肉がほとんど密着しています。ですが歯周病菌によって炎症を起こすと徐々に離れてしまいます。

炎症で歯肉も腫れて膨らむため、ポケットのような袋状の隙間ができてしまうのです。これを歯周ポケットと呼んでいます。

歯肉が赤く腫れていたら要注意です。

歯周病の進行を段階ごとに

歯周病は4つの段階があります。
長い歳月をかけてゆっくりと進行する傾向があり変化に気づきにくいのも特徴です。それぞれについて見てみましょう。

歯肉炎

歯肉炎

歯と歯肉の境目に歯垢(しこう)がたまり、歯肉に炎症がおこることで歯周ポケットがあらわれます。

この段階では骨が溶ける症状までは至っていません。

食習慣や生活習慣、お口の状態に合わせたケアで早めに治しましょう。

歯周炎 軽度

歯周炎 軽度

歯肉が炎症をおこし赤くなってきます。

歯磨きをすると歯肉から出血をすることがあり、少しずつ歯槽骨が溶け始めます。

歯周炎 中度

歯周炎 中度

歯肉の炎症と歯垢が歯と歯肉の境目に目立ってきます。

ここまでくると出血し、膿が出てくるため口臭も出はじめます。

骨が溶けて歯が少しグラグラしてきます。

歯周炎 重度

歯周炎 重度

出血と膿がひどくなります。

歯槽骨がほとんど溶けていることから歯が大きくグラグラしてきます。

歯周病の治療について

歯周病の治療は、歯周組織を壊す細菌を無くすために歯垢と歯石の除去をおこないます。

歯石とは、歯垢と唾液の中にあるカルシウムなどと結びついて歯にこびりついたものです。歯石は歯垢と異なり歯磨きではとれません。専用の器具で除去(下図:スケーリング)します。

スケーリング

歯周病が進行し、歯周ポケットが深くなると歯の根っこに歯石がついてしまいます。それを除去することをルートプレーニグといいます。

進行して治りが悪い場合は、合わせて薬剤(抗生物質)をつかった治療もおこないます。

歯周病は日頃のケアが一番大切です。ご自身に合ったケアの方法を知り予防しましょう。

当院では20歳を過ぎたら半年に1度の歯科健診をおすすめしています。

大切なご自身の歯を残すために、不安や疑問がありましたらお気軽にご相談ください。

ページ最上段へ

お電話にてお気軽にお問い合わせください

Top