木村歯科医院

子ども歯科(小児歯科)について|神奈川県藤沢市辻堂の木村歯科医院

まずは子どもの歯の基礎知識

乳歯は永久歯よりも虫歯になると大きくなりやすい

歯は大きく3つの層になっています。一番外側の硬いエナメル質、その内側は象牙質(ぞうげしつ)、そして神経です。

エナメル質は虫歯菌の出す酸と戦ってくれますが、負けてしまい象牙質まで到達するとあっという間にむし歯は大きくなります。そのエナメル質が乳歯は薄いため虫歯が大きくなりやすいのです。

乳歯と永久歯の比較図

Step By Step の歯磨き

虫歯が大きくなりやすい乳歯を守るためには、歯磨きがとても大切です。

でもいきなり上手に磨けるお母さまもお子さまもいません。まずはお母さまがお子さまにする仕上げ磨きから知り、お子さまご自身が上手に磨けるまでを木村歯科医院はサポートしています。

糖分を多く含むお菓子や飲み物を避ける理由

虫歯菌は糖分を栄養として酸を出し歯を溶かします。つまり糖分が無いと何もできないのです。

2〜3歳頃までは毎食後しっかりと歯磨きをさせてもらうのが難しい時期です。食べるもの、飲むもので虫歯の原因である糖分をコントロールしてあげてください。お菓子やジュースではなく、野菜や麦茶などでのりきりましょう。

気になる歯並び

お子さまのお口に関するご質問でもっとも多いのが歯並びについてです。不安やわからないことがあれば早めにご相談ください。

歯並びは虫歯の治療とはことなり、その原因を取り除くことで健全な成長へ導くことができます。歯並びを悪くしている、またはそうなる習慣なども一緒に見直していきます。

特に近年多いのがあまり噛まないで食事をすることによる歯の土台の成長不足です。歯が並ぶ土台を広く大きく育てることで永久歯も自然ときれいに並びます。固形食移行ができたらよく噛んで食べるレシュピにしてあげたいですね。

未然に防ぐための子ども歯科

子どもの予防歯科の流れ

まずはお子さま虫歯を予防する第一歩である、ご両親の口腔衛生をサポートいたします。木村歯科医院では、妊婦さんからの予防管理をしています。

乳歯がはえてきたら仕上げ磨きを徐々に始めます。歯ブラシの持ち方や、磨く時の姿勢などをレクチャーします。最初はなかなかできないものです。少しずつできるように毎日続けることが大切です。

定期健診は、お子さまの乳歯がはえてきたらスタートです。定期健診では各成長時期に合わせたポイントをご説明し、ご自宅でのケアを充実させる具体的な方法をお教えします。また歯ブラシでは落としにくい汚れをきれいにしたり、歯を丈夫にする歯科医院専用のフッ素も塗ります。

永久歯にはえかわる時期からお子さまご自身が上手に歯磨きができるようにしたいです。歯を磨く習慣はご自身を大切にする心を育てます。

子どもと一緒に育つ 歯の母子手帳

健康なお口に育てるために、お一人お一人の個性に合ったケア方法、よい歯並びをつくる食習慣や生活習慣など一緒に見守ることで未然に防ぐ対応やアドバイスができます。

そのために定期健診が大切です。

木村歯科医院ではお子さまの定期健診を歯の母子手帳を使って管理しています。

しっかり楽しく一緒に管理しましょう。

ページ最上段へ

お電話にてお気軽にお問い合わせください

Top